クンダリーニ覚醒スクールについて議論

師匠とのクンダリーニ覚醒スクールについて議論した内容です。

クンダリーニの体感と言うのは抽象度、臨場感により様々あります。

ただ先人の書籍やネット上に溢れている情報で学ばれた方は「クンダリーニはこういうもの!」というのを強く持たれています。

そう言った方とのスクールをどうしましょう?という師匠とKOUのやりとりを公開します。

尚、一部生徒様の名前がでておりますが仮名です。

生徒さまに覚醒していてください!そうしていないとその上の瞑想悟り洞察へ行ってしまいます。と謳っておくのも手かと

クンダリーニ上昇後はの瞑想悟り洞察で良いのではないでしょうか?

またどう感じたいかチャットに残してもらう

はい。

その人にとっての百億千億一兆

一体感や至福を求めてクンダリーニをする人も多いです。
ですから上昇後に一体感や至福感になるのは歓迎すべきことかなと思うのです。

悟り洞察は一京円払っても得られるものではないのでその辺を強調して置く。

はい。

感覚的なものは薬物でも即体感できるので。
自分の悟り
自己洞察
愛そのもの
価値観が変わるように即物的な感覚との差別化。

KOU流では余りにも簡単に手に入れる事が出来てしまうので安く感じられてしまう。
私は権威ぶったりするのが嫌いなのですが、日本人的な人には有効かも

権威ぶるのはどうかと思いますが、ガイドラインを示すのは有効だと思います。
それができたら守破離の破や離に進んでもらうのが満足度は高そうです。
そのような教育に慣れていますから。
気功師講座は自由に好きなようにの方が意識の拡大と言う意味で皆さんのためになりそうですけどね^^

ガイドラインも私にとっては権威に感じてしまいます。こちら側がラインです。わたしはスカイプ派^^
それでも日本人には良いと思います。私にも楽かも
クラブでもインストラクターの動き道理動いている方が楽!
自分で筋トレするよりね。
自由教育は手間暇がかかります。

はい。クンダリーニは、まずはそれで良いかなとも思い始めています。
皆さんもしかすると混乱されているかもしれないので。
「ブログに〇〇って書いているのに、実際のワーク内容が違う!」のような感じです。
楽しくて良いとは思いますが、所見の人はだいぶ混乱している可能性があります。
はい。自由教育は手間暇かかりますね^^

私の先生方が良すぎた。
私に合わせてどんどん私を広げてくださった。

私にとっての秋山先生もそうですけどね^^

ありがとう。
では時間割道理がいいか、あなた自身に合わせてほしいか確認しながらにします。

あ!いえいえ クンダリーニの体感の話でした。
特に宇宙へ行った後の感覚ですね

人それぞれなんですけど、ガイドラインを示さないと不満そうだったので
クンダリーニを上昇した後に至福状態を保つべきなのか、それとも強い感覚を維持すべきなのかとかですね

Oh
不思議
自分がいない

はい^^ 「ただしいクンダリーニ」というのを求めているようです

クンダリーニはこういうものだと断定しなくてはならない?

すべて正しいというのは、時間が経たないと理解できないのだと思います。
はい。KOU流のクンダリーニのスタンダードですね(笑)
その後はご自由にで良いと思います。

なら誰でも感じられる多数のところが落としどころとなります。

はい。迷っている人にはそれで良いのではないかと思います。
杉山さんなどの進んでいる人は最初から自由で良いとも思います。

そうかも
クライアント第一主義で。

はい。ありがとうございます^^

私はいつもその人の一番高いところを目指してしまいます。悪い癖かも。

いえ、良い癖ではないでしょうか?
また、気功師講座はやはり意識を拡大してもらいたいので、自由主義で進みたいですよね^^

伝えたいことが山ほどある。
つい早く早くもっとモットに。
私が生徒さまの10京を求めているのかも。

補足で説明させてもらいますが、師匠が一番最初に言っている「生徒さまに覚醒していてください!そうしていないとその上の瞑想悟り洞察へ行ってしまいます。と謳っておくのも手かと」というのは、クンダリーニ上昇前に生徒様が深い変性意識状態に入ってしまうことがありクンダリーニを上昇させずらくなるための対策ということです。

どちらかというとクンダリーニ上昇は意識を覚醒させた状態で行った方が上げやすいのです。

逆に比較対象として大周天の場合は深い変性意識状態に入った方が周天させやすいのですよね。

この記事を読んだ師匠から、更にコメントがありましたので追記いたします。

寅さんの映画、酒、薬品、絵画。真理、人それぞれ、押し付けられたものでもその人そのもの。
それでも良いけれどKOU流はそれ以外その事以上を目指しています。

これから指導的役割を担う子供達が通う学校はみな同じような教育理念を持っています。
だったらKOU流は日本的教育から外れた価値観を共有していきましょう。

NHKなどでも世界の有名学校などと銘打って放送しているので意識の高い人は心に入ってきているはずです。

実践努力を楽しむ情熱。
KOU流ではこういったものを尊重していきましょう。

最新情報をチェックしよう!