潜在意識の性格

潜在意識は時間、主語、否定を判別できないと言われています。

そう考えた場合に潜在意識を使った目標実現であったり、そもそも普段意識している顕在意識を一度見直した方が良いのかなと思います。

普段のあなたの行動は大丈夫でしょうか?

今回は時間、主語、否定それぞれについて、まとめてみましたのでご覧ください。

時間を認識できない

顕在意識は時間を認識できません。

どういう事かと言いますと、過去に起こった出来事もこれから先の未来を想像したことも、全て現在として認識します。

ですから過去に起こったトラウマを解消していなければ、今でも似たような場面を目撃したりすると過去の記憶に紐づき傷ついてしまいます。

明るい未来を想像すれば、今現在、明るい状況であると認識され活力にあふれます。

主語がわからない

「あの人の性格は本当に悪い!」

という言葉からは

性格が悪いというイメージが際立ち、

あなたは性格が悪い

という認識をされる可能性があります。

常に人の悪口を言っている人は自己否定が強い傾向があるというのも頷けますね。

逆にいつも人を褒めたり、ありがとうと感謝ができる人は自分は素晴らしい人間だと称える自己肯定的な人が多いですね。

否定形は無視される

「梅干を想像しないでね」

と言われたときに梅干を想像しないでいられますか?

食べてもいないのに口の中の唾液が増えていないでしょうか?

このように潜在意識は梅干のイメージ理解し体内に梅干を食べる指令を送ります。

この一連の現象こそが潜在意識は否定形を無視するということです。

このクセを理解すれば

時間、主語、否定を判別できない

という事がわかれば、あなたのすべきことは簡単です。

普段、何度も発言している言葉は潜在意識へ浸透するので
「おかげさまで」「ありがとうございます」というような感謝の言葉を多く使うこと

KOU流気功瞑想で潜在意識へアクセスし大事なプレゼンを成功させるためには
「失敗しちゃいけない」ではなく「成功して大きな評価を得た」という既に成功したイメージをする

このような事を心がけていきましょう。

最新情報をチェックしよう!

潜在意識体験、コツの最新記事8件