風水を知ろう「陰陽五行説」

古代中国を起源とする風水は、何となくゲン担ぎやただの占いだと誤解されることが多いのですが、実は「環境学」というきちんとした学問であるという事をご存知ですか。そんな風水の基本とも言えるのが陰陽五行説です。今回は、陰陽五行説とは一体何なのかという事をベースに、風水の事をご紹介します。

陰陽五行説とは

「陰陽五行説」という言葉を何となく耳にしたことはあっても、それがどういう意味を持つのかという事までは解らないという人も多いのではないでしょうか。陰陽五行説は、五行思考と陰陽思考が合わさったものになります。
まず、五行思考ですが、古代の中国人は、宇宙を構成する要素は木・火・土・金・水の5つの元素からなると考えていました。この事を「五行」と言います。木は上方向に成長をする事から、生命力や成長を表しています。火は光り輝いてあらゆる方向に広がる事から、制御が効かなくなるとも考えられています。金は鋭くとがっており、内側に突き刺して破壊的であったり、強い力という意味合いがあります。土は守りや育てる、引き寄せるなどの意味があり、教養的な意味合いにも当てはまります。水は下方向に流れる事から、常に氾濫の危機があるとも考えられています。これらの5つの特徴は、互いに影響を与え合う事で天地万物が変化をして、循環するという考えが五行思考です。
次に陰陽思考ですが、古代の中国人は奇数は縁起の良い日である「陽」と、偶数は縁起が悪い日である「陰」として考えられていました。この陰と陽が繰り返し交代し、循環しているという考えがあったのです。陰陽五行説の思想に基づいて考えれば、宇宙に存在するものは全ての事を説明する事が出来るとされています。日本では、飛鳥時代に陰陽五行説が伝わってきて、陰陽師なるものが実際に神事などに影響を与えていたとも言われています。災害や怪奇的な現象の事を祟りとして、日本独自である「陰陽道」を生み出し、発展していきました。

風水と陰陽五行説

西側に黄色いものを置くと金運が上がる。とか、ピンク色のものを身に着けていると異性からモテるようになるといった話を聞いたことはありませんか。確かにこれらのものは風水の1つではありますが、これだけを聞くとただのゲン担ぎに聞こえてしまいますね。しかし、風水というのは単なるゲン担ぎや占いではなく、身体に「気」を取り込んで「パワー」に変えていく事であり、風水の基本となるのが「陰陽五行説」と「方角」になるんです。
さて、ここで先ほどお話をした陰陽五行説の五行を思い出してください。五行というものは、木・火・土・金・水の5つの元素・性質がありますが、これらには相性と相克というものがあります。
相性は「あいしょう」ではなく「そうしょう」と言い、火→土→金→水→木→火という風に、隣り合ったものを助けたり作りあげるという関係が成り立ちます。火が燃える事で土を作り出し、大地から金が生まれ、金が冷えると水が生じて、水は植物(木)を育みます。そして、木が燃える事で火が生じます。風水では、お互いに良い影響を与え合って、共に発展していくという考え方から、セットにすると運気が上がると考えられているのです。
次に相克(そうこく)とは、風水では良い点を消しあってしまったり、反発をするといった相性の悪い関係の事を言います。火・土・金・水・木の並びで1つ飛ばしたものが相性が悪いと言われており、火と金は火は金属を溶かす、土と水は土は水を吸収する、金と木は金は木を切る、水と火は水は火を消す、そして木と土は木は土の栄養を奪うという関係が成り立ちます。

風水と方角

風水の基本となるのが陰陽五行説ですが、もう1つ方角も非常に重要となります。風水はゲン担ぎや占いではなく、悪い気を流して良い気を取り込むために気の流れをスムーズにするものですので、方角についても知っておきましょう。
北は水の気が強く、金運や恋愛運に関係しています。北の方角に通帳や財布などを置いておくと、お金が貯まりやすくなるとも言われています。また、人間関係や家庭内でのトラブルが多いという人は、北が凶相になっている可能性がありますので注意が必要です。
北東は神様や鬼が入ってくると言われている「鬼門」の場所です。強い力を持っていて、影響も出やすいので常にキレイな状態を保つように心掛けなくてはいけません。天候が変わりやすいという特徴を持っていて、北東が凶相になっていると悪いことが起こりやすいと言われています。
東は木の気が強く、仕事運を司っています。音との相性も良いため、スピーカーなどの音を発するものを置くことで仕事運を上げる効果が期待出来ます。また、インターネット関係の仕事をしている人や音楽関係の仕事をしている人は、東の方角を意識すると良いでしょう。
南東は恋愛や人間関係に、大きな影響を与えると言われている方角です。結婚や出会いなどを取り持つ力があると言われています。この方角に良いと言われている色がピンク色です。上手に取り入れれば、気持ちを優しくしてくれる効果が期待出来るでしょう。
南は火の気が強く、人気運を司っています。悪い気を燃やす方位でもありますので、火を燃やすという意味合いがある木の気を持つインテリアを置くと良いでしょう。絵を描いたり音楽制作をするなどの、芸術的な作業をするのに向いている方角です。
南西は「裏鬼門」と言われる方角であり、鬼門と同様にキレイで清潔を心掛けないと健康面で良くない影響を与える可能性があります。また、家族が何かしらのトラブルを抱えている場合には、この方位が凶相になっている可能性があるでしょう。南西には紫色が良いと言われており、鬼門との関係をより良くして、家の中の運気をアップさせる効果が期待出来ます。
西は金の気が強く、金運や恋愛運を司っています。金銭トラブルを抱えている人や親戚がらみのトラブルがある人は、この方位が凶相である可能性があります。西から受ける太陽の光は強いので、遮光カーテンなどを活用して西日が部屋に入りすぎないように調節すれば、運気の低迷を予防してくれるでしょう。
北西は神聖な方位だと言われています。出世運や勝負運にも関係があり、主人の方位とも言われています。この方位の運気が下がると家族全員にも影響が出てしまうため、開運グッズやラッキーアイテムなどを積極的にこの方位に置きましょう。また、この方位は安定感を司っているため、リビングや子ども部屋などの騒がしい場所に使用するのはおすすめできません。
風水は相性や相克、方角や色の意味などを理解して、それらをベースに部屋のインテリアを整えたり、身に着けるものを考えて行動をする事で運気がアップするという考え方です。この原理を理解する事が出来れば、自然と方位と部屋の関係や色の組み合わせの関係が解るようになるでしょう。

風水の歴史

風水は、今から約4,000年も前に中国で発祥した環境学です。気の力を利用したと言うと、ものすごく難しいものかと思われがちですが、私たちが暮らしていくのに必要不可欠となる衣・食・住や行動全般において、自分の環境全てを使って運を開いていくための「環境学」になります。
風水の始まりは、海外から伝えられてきた占術だと言われています。方位によって吉凶を知り、天地や墓相を意味する地理や家相とも言われました。家の間取りを考える際に方角を考えながら作ったり、土地の格付けをするためなどに風水は用いられたと言われています。
日本でも都づくりのために風水を活用したと言われており、歴史上の人物では聖徳太子が風水に興味を持っていたと言われています。また、風水になぞられて作られた都で最も有名なのが京都です。基盤の目のように整っている道は風水を意識して作られたのではないかと言われており、現代でも古風で美しい街並み、格式ある都市として賑わいを見せていますね。
そして江戸も風水から生まれた街だと言われています。江戸は風水で見ると非常に良い場所であり、徳川家康が良い気を循環させるために道や川を作りあげたり、山の名前にもこだわりを見せたと言われています。私たちは普段、風水の知識なんて持っていないのに、自然とトイレや玄関の方角を気にしてしまったりする事はありませんか。これは風水が気付かない間に身近な存在となっているという証なのではないでしょうか。歴史を知れば、自然と楽しみ方も変わってくるようになり、意識をして生活の中に取り入れようと考える事でしょう。

風水における鬼門とは

風水を考える上で鬼門と裏鬼門は最も重要となり、外してはいけないものになります。鬼門は北東、裏鬼門は南西になります。最も凶の方角であると言われており、家を建てる時に風水を意識して間取りを作る場合には、絶対にこの方角は避けるようにしなくてはいけません。
ですが、住宅を購入するなどをしない限りは、方角をそこまで意識するという事はありませんよね。もし、住宅を借りようと考えている人は、最低でも玄関の方角だけは意識してみて下さい。風水では、良い運気も悪い運気も玄関から入ると考えられています。そのため、鬼門と裏鬼門のライン上に玄関が置かれている間取りは、良くない運気を家の中に招き入れてしまうのです。逆に言えば、鬼門・裏鬼門のライン上に玄関が無ければ、風水的に見て一番良くない間取りにはならないと考えても良いでしょう。
また、玄関だけではなく鬼門にはトイレも無いほうが良いと言われています。これは、邪気が入り込みやすく気が淀みやすい以外にも、健康に影響があるなどの様々な説がありますが、実は合理的な理由もあるんです。東北の方角というのは日が当たらない為、1年中ジメジメしており冷えやすい場所でもあります。つまり、衛生的にも良くない環境であると言えるんですよ。
もしも、どうしても借りようと考えている物件の玄関が鬼門に位置していましたら、落ち込まずにインテリアなどを活用して悪い気を追い返しましょう。玄関に花を飾るなどしてキレイにする事と、常に掃除を心掛けて清潔にしておくと良い気が入ってきます。そして、玄関に鏡を置くことで、入ってきた悪い気を鏡で跳ね返す事が出来るとも言われていますよ。

身の回りのことから簡単にできる風水とは?

風水は陰陽五行説や方角など、色んな知識が必要なものではありますが、毎日の生活の意識をちょっと変えるだけでも簡単に取り入れる事が出来る身近なものでもあります。まず、風水には汚いものには悪い気がたまるという考えがありますので、部屋や身の回りは常にキレイにするように心がけましょう。
キレイにすればするほど良いとは言われていますが、掃除のし過ぎであなた自身が疲れてしまったら意味がありませんし、それはそれで悪い気が出来る原因となります。毎日適度に掃除をして部屋をキレイに保つという事を意識してみて下さいね。
そして、玄関は明るくすると良いと言われています。電球を明るくして、掃除を心掛けて、良い香りのものを置くと良いでしょう。特にやりがちなのが靴の脱ぎっぱなしです。必ず片付けるようにすると運気のアップにつながります。先ほど鬼門の所でも少し述べましたが、気の流れを助けるためにも鏡を置くと良いでしょう。八角形の鏡が最も良いとは言われていますが、無ければ普通でも構いませんので、部屋から玄関を見た時に左側に位置する所に置いてみて下さい。
また、恋愛運や夫婦関係を良くしたい場合にはピンク色を身に着けると良いと言われています。金運アップにはゴールドがおすすめです。身に着けたり置物を部屋におくと良いでしょう。全身ゴールドにすると、かなり圧迫感がありますので、ワンポイントで身に着ける事をおすすめします。仕事運や健康運など、勝負ごとに強いと言われている赤色は、ここぞという時に身に着けると良いと言われています。疲れが溜まってリラックスをしたい時はシルバーがおすすめですよ。色を使った小物などは、誰でも簡単に取り入れる事が出来ますので、是非試してみて下さいね。

おわりに

風水の基本ともいえる陰陽五行説は、風水だけではなく実は漢方や気学、四柱推命などの中国を発祥とする様々な学問の元となっています。方角や季節、感情や色など様々なものに五行は当てはめる事が出来るなんて、ものすごい事だとは思いませんか。風水は誰もが知っている有名なものではありますが、だからこそ奥深く、知れば知るほど知識を深めて取り入れていきたいですよね。
陰陽五行説や方角など詳しくなくても、身近な所でも活用する事が出来ますので、是非あなたも色やインテリアなどを取り入れてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!