ハイヤーセルフと出会った瞑想体験

20代女性の体験談

私は、25歳の会社員の頃に常に人の目を気にして過ごして居ました。

どうして人の目を気にするようになったかといえば、私は人よりも少し見た目が目立つ容姿でした。

年齢を重ねるうちに、男性や、女性いろんな人に見られることが多くなって行き、それに伴い女性から妬みを受けることが度々ありました。

そのため、常にいい人を演じて、攻める隙を見せないようにしたのです。

しかし、そんな生活に疲れきった時に瞑想に知り合い、毎日家で瞑想することにしたのです。

はじめは慣れるまでに時間がかかり、嫌なことを思い出したりと、うまく行きませんでした。

だけど、毎日繰り返すに連れ、どんどん集中力が高まって行くのがわかったのです。

周りの音がシンとして、何も考えない静かな時間を毎日作ることで、ストレスがなく、毎日スッキリする生活を過ごせるようになったのです。

それから私は変わりました。

強くなったのです。

堂々として、人に不当な態度をとられても気にしなくなりました。

そして。

ある日いつものように瞑想をつづけていました。

私は、瞑想をもっと極めていこうと時間をどんどん増やしていったのです。

ある日、朝いつものようにベットで静かな気持ちで瞑想していると、頭が真っ白な状態になりました。

そして、私に語りかけるような声を聞いたのです。

心を穏やかに、いつも安らげるようにそばで見守っていると伝えられたのです。

そして、少しづつ声が聞こえなくなっていったのです。

私は、ハッとして目を開けると、いつもの自分の部屋でした。

もちろん私以外人はいません。

自分でもとてもびっくりしましたが、これがハイヤーセルフの声なのかとおもいました。

そして、自分でもハイヤーセルフに言われたことは納得していたのです。

私が自信を持てたのは、ハイヤーセルフを身近に感じていて、自分は一人ではない、いつも私の見方がいてくれるんだという強い確信があったからです。

それから、ハイヤーセルフは現れるようになりました。

特に人生の道が分からず、迷っている時、恋愛で迷っている時など、誰にも正解がわからないような悩みに直面した時に声が聞こえてくるのです。

頭を真っ白に瞑想すると現れやすくなります。

そして、その声に従うと、途中困難があったとしても、ハイヤーセルフを信じ続けて進んで行くと、必ず道が拓けていったり、成功するのです。

私は、この経験で、私を見守ってくれる存在がたしかにいることを確信しています。

最新情報をチェックしよう!