ソルフェジオ周波数を使った瞑想方法

瞑想の方法は色々ありますが私が好んで行うのは音楽を聴きながら行なう瞑想です。

一見、音楽を聴きながらだと集中力を欠きそうですが、シンプルな音楽だと逆に雑念が消えて意識を深くできます。

もちろん向き不向きはあると思いますが一度試してほしい瞑想方法です。

そして私のオススメはソルフェジオ周波数を使った音楽を使う瞑想です。

ソルフェジオ周波数とは

ソルフェジオ周波数とは、その名のとおりある一定の周波数をもったもので全部で7つあります。

中には9つあったりするものもあります。

ちなみに周波数と言うのは1秒間に音の波が繰り返される回数のことで、私たちの体の60%は水分でできているわけですから音は確実に私たちの体に影響を及ぼします。

科学の実験で水面に音をぶつけるとある一定の模様が浮かび上がるのを観た事がありませんか?

この原理を利用して作り出されたのがソルフェジオ周波数で、私たちの体にどのような影響を及ぼすか、まとめられていますのでご紹介します。

  • 396Hz・・・罪、トラウマ、恐怖からの解放
  • 417Hz・・・マイナスな状況からの回復、変容の促進
  • 528Hz・・・DNAの修復
  • 639Hz・・・人間関系の修復
  • 741Hz・・・表現力の向上、問題の解決
  • 852Hz・・・直感力の覚醒、目覚め
  • 963Hz・・・高次元、宇宙意識とつながる

などがあります。

この周波数はチャクラを整えるとも言われ周波数が低いものから第一チャクラ、第ニチャクラ・・・第七チャクラと密接な関係があるようです。

私のオススメのソルフェジオ

私はYoutubeに掲載されているソルフェジオ周波数を聴きながら瞑想することが多いです。

例えばこのようなものがたくさん掲載されていますよ。

検索するときに「ソルフェジオ」でも良いのですが「solfeggio」で検索すると海外の人がアップしたものもでてくるのでおススメです。

私の場合は再生回数や評価が高いものを選んで聴いています。

音楽を聴きながら瞑想するときのコツ

私は音楽を聴きながら瞑想するときは無心になるのではなくて積極的に音楽へ耳を傾けています。

そして音から映像や感触、味など聴覚以外の感覚を活発に働かせるようにしています。

こうすることで前頭葉が活発化してきて部屋がどんどん音楽の世界に変わっていき、次第に深い瞑想に入っていきます。

呼吸へ集中する瞑想の時は、どちらかというと松果体を活発化させようと意識しますが、このようなアプローチでも深い瞑想に入ることができます。

鼻からゆっくり吐いて、ゆっくり吸うを基本として五感を活動させる

これがKOU流音楽瞑想の極意です。

音楽を選ぶときは、あまり変調しないものが良いです。

私の場合は川のせせらぎや小鳥のさえずりなど自然の音楽を選ぶようにしています。

最新情報をチェックしよう!