私のお気に入りの瞑想場所

あなたのお気に入りの瞑想場所はありますか?

お釈迦様なら菩提樹の下、ヨガ行者ならヒマラヤが瞑想場所としてイメージできますね。

実は私も菩提樹の下やヒマラヤで瞑想をするのが大好きです。

なんてカッコイイことを言いましたが、私は一度も菩提樹の下やヒマラヤへ行って瞑想をした事はありません。

外国へも新婚旅行でハワイへ行ったことが1回あるくらいです。

私の瞑想場所は基本、自宅です。

だいぶ予想がついたと思いますが、今回は自宅にいながら世界中好きなところで瞑想をするという話をしたいと思います。

この瞑想をマスターすれば旅行代もかからず瞬時にお気に入りの瞑想場所へ行けますよ。

お気に入りの瞑想場所を作る理由

なぜ瞑想をするときにお気に入りの場所を作る必要があるのか。

まずはこのお話をしたいと思います。

瞑想で深い意識状態へ持っていくコツは十分すぎるほどリラックスすることです。

それには自分の慣れ親しんだ、そして誰にも邪魔されない環境で瞑想をすることが一番ですね。

思いつくのは自宅の自分の部屋

間違いなく慣れ親しんだ場所ですのでリラックスできる環境でしょう。

あなたも自分の部屋で瞑想をすることが多いのではないですか?

では思い出してみてください。

あなたは自分の部屋で瞑想をしています。

いつもの体勢になり、目を閉じ呼吸を開始するでしょう。

目の前は真っ暗です。

もうしばらく瞑想を続けるとどうですか?

やっぱり目の前は真っ暗でしょうか。

そうなんです。

目の前真っ暗=意識が体の外へでていないのです。

意識が体の外へでていないときは身体がまだリラックスできていません。

肉体の存在を忘れ意識が深まらないと変性意識状態へ入れないのです。

瞑想に慣れてくると身体が覚えるのですぐに変性意識状態を作ることができますが、この段階までいっていないうちは、これからお伝えするお気に入りの瞑想場所を作ることをおススメします。

お気に入りの瞑想場所を作るとは

さて、お気に入りの瞑想場所を作るというのは瞑想中に自分が瞑想している場所をイメージするということです。

私のお気に入りのヒマラヤはヨグマタ相川圭子さんと出会って感じたことで書かせてもらった、相川圭子さんに同調した時に視たヒマラヤです。

広大なヒマラヤ山脈を背景に冷たく澄んだ空気と、雪解け水が流れる雄大なビジョンです。

イメージを鮮明にするほど呼吸時に体内に送り込まれる波動はヒマラヤのものとなっていき、鼻に伝わる温度も冷たく澄んできます。

気づくと部屋はヒマラヤに変わり深い意識状態にシフトしていきます。

どのような瞑想場所がふさわしいか

瞑想場所にふさわしいのは自分がリラックスできる場所であることでしょう。

私の場合は自然豊かで人がいない場所を選びます。

その他にもよくイメージするのは宇宙です。

宇宙をイメージするときは、ただじっとしているのではなくて色んな惑星に行ってみます。

瞑想している事を忘れ宇宙遊泳に没頭している時などは、その状態で潜在意識(ハイヤーセルフ)に会ったりすることもあります。

まずは色々試してみて、しっくりくるイメージを見つけると良いでしょう。

今後試してみたいと思っていること

瞑想中にお気に入りの場所をイメージしながら瞑想することで、だいぶ深いところまで意識を持っていく事ができるということがわかりました。

更に深い意識へ持っていけないかと考えたときに思いついたことがあります。

それは体外離脱中にお気に入りの場所へ行き瞑想をすること。

体外離脱中の世界は本当にリアルで物質世界と大差がありません。

その状況下でヒマラヤへ行き瞑想をしたらどうなるんだろう?

きっと体内に入る波動も相当凄いのではないか?

こんな風に考えています。

最近は体外離脱よりもさらに深い意識下へ持っていく事を実践していたので、久しぶりに体外離脱の意識状態へ持っていき瞑想を試してみようと思います。

面白い体験ができたら、またシェアしますね。

最新情報をチェックしよう!