腹式呼吸と胸式呼吸そして逆腹式呼吸

瞑想をする上で呼吸は最も重要なものだという人が多いですね。

その理由を聞くと、呼吸一つで瞑想の深さが変わり、その後の神秘体験も左右されるからだそうです。

そこで呼吸について調べてみると大きくは2つに分かれていて腹式呼吸と胸式呼吸があるようです。

あなたはこれらの呼吸方式を意識して使うことがありますか?

そんなこと意識したことない!という方もいらっしゃると思いますので、今回は瞑想時の呼吸に焦点を当ててみたいと思います。

腹式呼吸とは

肺の入っている胸腔は、主に、肋骨とそれを支え動かす筋群及び横隔膜で構成されている。息を吸う(すなわち胸腔を広げる)ためには、肋骨を開き広げるか、横隔膜を収縮させて下げればよい。特に、横隔膜を大きく動かすと、腹腔が変形し、腹が前方へ突き出る。これが、腹筋をはじめとする全身の筋肉の弛緩を促し、更に内臓への刺激ともなることから、様々な健康法などと結びついている(ヨガ等)。ここから、息を吐き出す力は横隔膜の弛緩による復元と、腹筋の収縮によって内臓を上昇させ、それによって横隔膜をさらに上昇させることによるものであるから、あたかも腹で呼吸しているように感じられるのである。

ウィキペディアより引用
体感としては、息を吸ったときにお腹がぽこんと膨らみ、息を吐いた時にお腹がへこむ呼吸の仕方ですね。

胸式呼吸とは

腹部ではなく主に胸郭の拡張と収縮による呼吸。ピラティス・メソッドでは胸式呼吸が推奨されている[1]が、腹式呼吸のみを「良い呼吸」と考える人々は「浅い呼吸」や「悪い呼吸」を指して「胸式呼吸」と呼ぶ場合がある。

ウィキペディアより引用
私が瞑想の時によく使うのが、こちらの胸式呼吸です。

肺に空気を十分に取りこまれたのを確認するのがコツです。

逆腹式呼吸とは

腹式呼吸とは逆に、意図的に息を吸う時に腹を引き、吐く時に腹を膨らませる。吸気の際には胸郭が大きく開き、呼気においては横隔膜の収縮と呼気筋との拮抗により腹圧がかかり、腹腔の内蔵や「第二の脳」とも呼ばれる腸管神経系に刺激を与えるため、様々な効果があるとされている。気功やヨーガ等で意図的に用いられる。

ウィキペディアより引用
腹式呼吸のときのお腹の動きを逆にした呼吸です。
胸式呼吸を強調したような動きになります。

どの呼吸法が良いのか?

ここまで3種類の呼吸法を確認していただきましたが、瞑想で使う呼吸はいったい何がいいのか?

私の経験から申し上げると…

何でもOKです(笑)

実際にこの記事を書くにあたり腹式呼吸、胸式呼吸、逆腹式呼吸の3種類の呼吸を使って瞑想をしてみましたが大きな違いは感じられませんでした。

ポイントがズレなければ特にどのような呼吸をしても問題ないと考えます。

ポイントとは

  1. 一定のリズムをとること
  2. 体中が弛緩されていくこと
  3. 長時間心地よく続けられること

が挙げられます。

呼吸の浅い人でも、浅いなりにできれば問題ありません。

瞑想をする上で呼吸は最重要と申し上げましたが、最重要であるがゆえに、その方法は実践者にとって最適なものであることと言えます。

瞑想体験を変える呼吸

瞑想の深さと呼吸は密接に同期がとられています。

最初はゆったりとした呼吸が続きますが、どんどん瞑想が深まり深トランスに入ってくると急に息苦しさを感じるようになります。

この時の呼吸は一定のリズムを刻むのもままならなくなります。

そしてこの状態を過ぎると今度は無呼吸に近い状態に入ります。

このように瞑想状態と呼吸は密接に関係していて、ずっと同じリズムで呼吸をするというわけでもないのです。

同じリズムで呼吸をするのは瞑想の導入部分のみと考えても良いかもしれませんね。

まとめ

実はこの記事を書こうと思った理由はKOU流の生徒さんからよく受ける質問だったからです。

過去に瞑想は腹式呼吸でやることと指導を受けたのに、KOU流は胸式なのでビックリしました!など言われることが多いのです。

私たちは幼少のころから型にはめられた生き方をしてきているので何かしらルールがあった方が居心地がいいですよね。

ただ、こと瞑想に関しては型が無い、自分と対話しながら進めていくものだと私は感じているので、強いてこうしましょうという事を読者さんへは伝えません。

全ては自分が良いと思う方法を実践していきましょう。

最新情報をチェックしよう!