瞑想で脳を覚醒させる方法

瞑想をしていると心がやすまり、リラックス状態になることを想像することが多いと思います。

たしかにそのような効果を瞑想に求めるのが一般的です。

しかし瞑想を極めていく、いや、慣れ親しんでいくと言った方が正解かもしれませんが、時として気分がハイになり興奮状態を引き起こすことがあります。

どちらかというと脳の覚醒を求めている私たちのような部類は意図的に興奮状態を作り出します。

今回は気分がハイになる理由と、その先にある脳の覚醒を意図的に起こす方法について書いていきたいと思います。

瞑想中に気分がハイになる理由

瞑想が深くなるにつれ脳の中で麻薬のような物質が分泌されます。

その主たる物質はエンドルフィン、ドーパミン、セロトニン、アセチルコリンなどの脳内麻薬です。

コカインやヘロインといった麻薬に似た分子構造を持っており幻覚作用があったりします。

とは言っても瞑想の中で自分の脳が指令をだすわけですので身体を壊す様な怖いものではありません。

余談ですが、スポーツの一流選手が「ゾーンに入る」とか「ランナーズハイになる」などと言いますが、この脳内麻薬が関係していると思われます。

さて、瞑想中にハイになる理由ですが脳神経が関係しています。

その神経は脳の前頭葉にあるA10(エイテン)神経というものです。

この神経は快楽を制御していますので、脳内麻薬によりA10神経が刺激され興奮状態になるとういうわけです。

意識の拡大

これはあくまで私の経験になりますが、瞑想状態が深まり脳内麻薬が分泌される過程で意識がとことん拡大していきます。

瞑想を開始した直後は意識はまだ体の中にあります。

それが瞑想が深まるにつれ室内、地域、地球、宇宙のようなイメージでどんどん拡大していきます。

言い方を変えると肉体と意識が分離し、意識が解放された状態になります。

解放された意識は、どこへでも行けますし、未来や過去にも瞬時に行ける、言わば時間間隔の無い状態になります。

この感覚は一種の悟りのようなものであると言えますが、実際のところは脳内麻薬が作り出す世界なのです。

ですから勘違いして悟りが開けた!となるのは危険です。

脳内麻薬がだせるようになると

脳内麻薬を瞑想の中でだせるようになると人生がイキイキしたものに変わり、普段、何気なく生活していたものにハリが生まれます。

それは脳が活性化し覚醒状態になるからです。

この状態こそが潜在意識と繋がり幸運が舞い込む成功脳と言われるものだと私は考えます。

自分の脳が変われば周りの人達にも変化が起き、生活環境にも変化が起きます。

不思議ですが、このような状況は覚醒者であれば誰でも経験します。

どのようにすれば脳内麻薬を意識的にだせるようになるのか

意図的に脳内麻薬を出す方法=脳の覚醒については、いくつかあると思います。

まずは深い変性意識状態を作る瞑想

意図的に脳へ、そして前頭葉へエネルギーを流し込み深い変性意識状態を作る方法です。

KOU流気功瞑想を参考にしてみてください。

次はクンダリーニ覚醒をする方法

一気に大量のエネルギーが前頭葉に流れ込みますので、あっという間に覚醒状態に入ります。

ただし初心者にとっては危険な方法だと思いますので、あまりオススメしません。

最後に誘導瞑想で脳を覚醒する方法があります。

既に覚醒状態を知り使いこなしている人から瞑想を誘導してもらえれば、安全にかつ効率よく覚醒させることができます。

私と師匠でやっている誘導瞑想もありますのでご参考までにどうぞ。
深い変性意識を作り出す講座

他にも色んな方法があると思いますが昔から覚醒方法については、たくさんの人が思考錯誤してきました。

それだけ脳を覚醒させるというのは魅力的なことなのですね。

最新情報をチェックしよう!