錬金術とは?その歴史と主な錬金術師

錬金術と聞くと、何の変哲もない物質から金を生み出したり、不老不死や賢者の石といった色んなワードが出てきますが、錬金術には一体どんな歴史があるのでしょうか。今回は錬金術とは一体何なのか、その歴史や名を残す錬金術師などを紹介します。

錬金術の発祥

錬金術の発祥は、様々な諸説があるためはっきりとは解っていません。エジプトやギリシア、メソポタミア地方が有力だと言われていますが、実は中国でも錬丹術と呼ばれる錬金術の研究が盛んだったとも言われています。
エジプトにはトート神と呼ばれる、ヘルメス・トリスメギストスの元となった神が存在し、錬金術史上で大きな役割を果たしている事から、錬金術はエジプトが発祥の地であると考える錬金術師も少なくありません。また、エジプトでは着色や宝石の加工、金属調合の技術が発達していたり、ミイラを製造するための科学技術も進歩していた事も、発祥理由の1つとして挙げられるでしょう。
ギリシアが錬金術の発祥だと考えられる理由には、錬金術の哲学的な側面であるフリーメーソン思想が、ギリシア哲学の影響を受けていると考えられているからです。錬金術文献の多くは、ギリシア語で書かれているというのも、非常に重要なポイントではありますが、正確な記録が残っていないため確かな事は言えません。
メソポタミア地方は、世界最古であるバグダッド電池が発見された場所であり、エジプトに引けを取らないくらいの技術が発展していたと考えられます。技術面では、錬金術初期の重要な基礎となっている事から、メソポタミア地方も発祥の地ではないかとも言われています。
中国では、上記で述べたような西洋の錬金術とは全く異なります。気という精気が全ての大本であると考えている宗教で、中国版の錬金術の事を錬丹術 と言いました。中国の錬丹術は、黄金を作り出す事ではなく、不老不死が主な目的とされており、半永久的に気を健康状態にする事が出来れば、不老不死も可能であると考えていたのです。その補助として錬丹と呼ばれる賢者の石にあたるものを利用していたのですが、実は錬丹は水銀の事であり、逆に服用をしていた古代皇帝たちは寿命を縮めていたとも言われています。

歴史上の主な錬金術師たち

ヘルメス・トリスメギストス

錬金術の生みの親だと言われているヘルメス・トリスメギストスは、神とも称されている人物であり、ルネサンス時代の錬金術を支えた魔術的思想を語った人物としても有名です。この魔術的思想というものは、ヘルメス哲学というものであり、霊的・魔術的な宇宙観について書かれています。「一は全なり、全は一なり」という錬金術師が持つ考えは、ヘルメス哲学の考えに基づいているものです。
錬金術の考え方も大きく変えたヘルメス哲学は、最初は黄金変成などの実用的なものが注目されていましたが、次第に霊的な部分がクローズアップされる様になっていきました。

クレオパトラ

紀元前1世紀ごろの、アレクサンドリアの女性錬金術師であったと言われるクレオパトラは、クレオパトラの金の合成や尺度と重量、クレオパトラの錬金術などの著書が残されています。金を太陽、銀を月と表したり、ウロボロスの蛇を用いている事から、彼女はグノーシス派の影響が強かったとも言われています。
紀元前1世紀ごろの古代エジプトでは、香料産業が発達しており、クレオパトラは香料工場を持っていました。毎日バラの香水風呂に入り、寝室にはバラの花を敷き詰めていたりしていたそうです。そしてバラにムスクなどの香料をブレンドした香油を身体に塗って、ローマ帝国屈指の英雄たちを虜にしたというのは大変有名な話です。

ゾシモス

紀元前3世紀頃のパノポリス人であるゾシモスは、錬金術と実践の総合的な本を著したことで高く評価されています。また、彼が持っていた錬金術の思想は、プラトンの強い影響があり、グノーシス派の影響も認められています。
ゾシモスは、実験器具を改良して、硫化物や合金などの研究をしたとも言われていますが、錬金術の事を犠牲的な儀礼であると考えていたり、象徴を使った話が好きだったとも言われています。逸話の中でも最も有名なのが「心理の書、水の構造について」であり、金や銀、鉛や銅などが擬人化された寓話です。

アリストテレス

火・気・水・土の四大元素は、この世のすべての物質を構成しているという理論は、古代ギリシアで生まれたと言われています。この考えを発展させていたのがアリストテレスであり、古代ギリシアの自然哲学において支配的となった「四原質説」です。
土は手を離すと落下しますし、水は低い方へと流れていくなどの物質観は、普段私たちが生きている上で、日常的に観察をする事が出来る物質の変化や運動を巧みに説明してくれています。物質が相互転換可能だという事は、私たちの工夫次第では金や不老不死の薬も作り出す事が可能であるという事を意味しており、錬金術のよりどころを見い出したとも言えるでしょう。

アデプト

優れた錬金術師になるためには、学識が必要となります。学歴や資格などは必要ありませんが、様々な言語で書かれている古文書を理解出来なくては研究をする事が困難だからです。古文書はラテン語やヘブライ語、アラビア語やギリシア語などが使用されていますので、これら複数の言語を習得する必要があります。
そして優れた錬金術師になるには、優れた師を見つけてその人に教えてもらう必要があります。錬金術師の教育は師から弟子にへと口頭で行われるのが一般的ですので、親が錬金術師で子どもに後を継がせる以外には、良い師に巡り会う事が重要です。
アデプトは、錬金術師の中でも優れた人達の事です。ヨーロッパの各地に存在していると言われていますが、実際に出会うのは非常に困難とも言われています。アデプトは自分の姿を自由に消したりする事が出来ますので、弟子入りをしたいのであれば、居場所を見つけて各地を旅しなくてはいけませんでした。
しかし、一説ではその者が錬金術師として十分な人格や美徳、知識を持っているのであれば、何もしなくてもアデプトのほうから姿を現してくれるとも言われています。そして、錬金術の秘密をその者にだけ伝授してくれるのです。

賢者の石

錬金術と言えば賢者の石ですが、これは、錬金術師たちが必死に作り出そうとしていた物質であり、最大の目的だったとも言われています。賢者の石は「ティンクトラ」や「エリキサ」とも言われますが、日本語では錬金薬と言われていました。
賢者の石は魔法の力を兼ね備えている物質であり、これがあれば黄金の原料ともなり、更には不老不死の力をもたらすと、当時の錬金術師たちは考えていました。中国では、賢者の石の事を仙丹と呼んでおり、その形状は非常に硬いと言われています。色は光り輝く黄色であったり暗赤色、ザクロ石のような色をしているなど様々です。
錬金術師の目的は、鉛や鉄などを黄金に変える事であり、賢者の石を手に入れる事が出来れば、錬金術師が望む全ての事が、叶えられ実現する事が出来ると考えられていました。物質だけではなく、病気に掛かっている人を健康にしたり、老いた人間を若返らせる事が出来るといった、不老不死の考えもその1つに当てはめる事が出来ます。賢者の石があれば、自分の姿を消す事が出来たり、霊を神のような存在にする事も出来るとも中世末期のヨーロッパでは考えられていました。

人造人間

錬金術師であり医学者でもあるパラケルススは、16世紀に活躍をした自然哲学に基づく錬金術理論を研究していた人物です。タロットカードに描かれている魔術師の絵は、パラケルススがモデルであるとも言われています。
パラケルススは賢者の石を作ったとも言われている人物ですが、それ以外にもホムンクルスと呼ばれる小さい妖精ともいえるような人間を作り出したとも言われています。人間としての最高の知恵を持った生き物ですが、フラスコの中でしか生き続ける事が出来ないため、パラケルスス以降はホムンクルスの製造に成功した人は居ません。
また、錬金術を使ってゴーレムも作り出されていたという話もあります。ゴーレムは、カバラの奥義に通じている義人が作り出した人造人間であり、ヘブライ語で胎児や作りかけの形がない未定形のものといった意味があります。ゴーレムを作った人間は、命令をすれば色んな作業をさせる事が出来ますが、中には命令に失敗してしまい、ゴーレムが狂暴化するという話も残っています。
ゴーレムは、護符を土などで作った人形の中に入れる事で作り出せると言われています。護符を取り出すと元に戻るとされていますが、それ以外にもカバラの魔法の言葉や数などを加える事でも、ゴーレムを動かす事が出来ました。

不老不死

中国で最もすごい仙人であると言われている元君は、飲めば不老不死になり、黄金も作り出す事が出来るという「太清神丹」という秘薬を作り出したと言われています。古代中国では、不老不死の薬のために仙術と呼ばれる魔術的な技術を生み出してきました。
仙術という言葉の意味は、仙人になるための技術と仙人が使う術という2つの意味があります。神の山に存在すると考えられていた仙薬を見つければ、不老不死になる事が出来ると考えられていたのですが、時の流れと共に、仙薬は自分たちの手で作り出す事が出来るのではないかと考える人が現れ、錬丹術が作り出されました。こうして出来た不老不死の薬の事を丹薬と呼ばれました。
しかし、不老不死になるとされる丹薬は、辰砂を基本原料としており、この辰砂は水銀と硫黄が結びついた硫化水銀であり、不老不死の力を得る事は出来ないだけでなく、その毒性により丹薬を摂取した始皇帝は50歳という若さで死去しています。古代中国では、水銀は聖なる薬とされており、これ以降も水銀を服用した皇帝たちが何人も中毒死をしていると史書に記されています。

火薬

古代中国の錬丹術では、不老不死以外にも研究を重ねるうちに偶然発明された火薬というものが存在します。但し、火薬の利用方法は決して平和的なものだけではありませんでした。硝石や硫黄、炭を混ぜる事で爆発が起こるという記述が「真元妙道要路」 に書かれており、古代中国では黒色火薬が発明されていたという仮説が有力視されています。
火薬は一度平和的な利用に目を向ければ、鉱山の発破作業など色んな面から人間の役に立ってきたと言われており、現在でも花火や鉱山、工業用途など、様々な分野でなくてはならないものとなっています。
黒色火薬はその後、木炭を褐炭に変えた褐色火薬や無煙火薬と開発がどんどんと進んでいきました。1846年には、イタリアの科学者によりグリセリンと硝酸を合成する事でニトログリセリンが開発されます。ニトログリセリンは黒色火薬のおよそ7倍位程度の破壊力があると言われていますが、非常に不安定な薬品でした。その後、実用化させるべく雷管を開発したのが、のちにノーベル賞を創始したアルフレッド・ノーベルです。

ニュートンと錬金術

万有引力の法則などで知られるアイザック・ニュートンは、数学や物理学、天文学などの知識に秀でた歴史上の天才と言われていますが、実は彼の好奇心は錬金術にも向いていたと言われています。
ニュートンは84歳で生涯終えるまで、様々な科学についての本を出版していますが、人間界・地上界・天界などについてを説いたパラケルススの理論に深い関心を示して、研究をしていたと言われているんです。実際に、ニュートンの子孫がのちに競売にかけたとされる329冊の手稿の内、約1/3冊が錬金術に関するものだったそうです。
しかし、若くして天才だと称されたニュートンも、生涯で発表してきた著書の中には、錬金術に関係するものは無いと言われています。これには色んな解釈があり、公に公表できるだけの研究成果に行き届かなかったというものもあれば、当時の世相の関係上、絞首刑になる事を恐れたニュートンが、敢えて世に出さなかったとも言われています。

おわりに

錬金術は古くから、自分が錬金術師であるという事を人に知られないように気を付けなくてはいけなかったと言われています。知識がない一般人は、錬金術師の事を魔法使いの仲間であるとかペテン師であると考えていたからです。
歴史上に名を連ねる有名人の中には、実は錬金術の研究をしていたという人もいるんだから驚きですね。黄金や不老不死など、一見するとオカルトな話にも聞こえますが、当時の錬金術師たちは本気で実現させようと様々な研究をして、その過程で生まれたものが現代の科学や生活に活かされているのですから、錬金術は本当にすごいものだという事が解ります。

最新情報をチェックしよう!