思考の現実化は過去も変えられるのか

思考の現実化は実現したい事を未来において達成すること

通常であればこのように考えますよね。

でも、つい先日どうしても過去を変えて無かったことにしたい事が起きてしまい、瞑想の中で念じた出来事があります。

今回はその内容と、結果どうなったかをお伝えしていきます。

過去を変えたいと思った事の発端

今月の15日に妻と息子2人が山へキャンプに行きました。

私はと言うと、どうしても片付けないといけない仕事に追われ一緒に行く事ができませんでした。

16日の夕方

ただいまーと元気な声で息子たちが帰ってきて、その後ろから両手に荷物を持ち妻も歩いてきました。

顔を見ると、なんだか疲れた表情で私が行けなかったせいだなと申し訳なく思いました。

そして妻は玄関に荷物を置いたと同時におもむろに「財布燃えちゃった」としょんぼり私へ伝えます。

理由を聞くと、キャンプへは妻の弟夫婦も一緒に行ったのですが、夜にバーベキューをしたらしく、燃料となる材木箱の中にうっかり財布を入れておき、それを知らない弟は一気に燃料として燃やしてしまったとのこと。

現金、カード、保険証など一瞬で灰となりました。

確かにそれはショックです。

妻からは気功で沈んだ気分を明るくして欲しいと頼まれましたが、その時私が考えていたことは、財布が燃えた事をチャラにして財布を何処かへ置き忘れた事にできないかと言う事でした。

思考の現実化への行動開始

まずは私自身が、毎朝の瞑想時に財布は燃えていないということを思い込むことにしました。

  • 財布は脱衣所のカゴに忘れてきた
  • もうすぐキャンプ場の係の人から見つかった連絡が来る

この2点を念じました。

ついでに妻の意識も財布はあると信じられるようにアプローチしてみました。

とは言うものの、正直なところ私自身、過去は変えられないという思いが強く全く自信はありませんでした。

思考の現実化の結果

結果としてどうなったかと言うと…

本日21日に自宅へ一本の電話がありました。

「〇△キャンプ場ですがトイレから奥様の財布が見つかりました」

うそ!?

電話にでたのは妻だったのですが最初耳を疑ったそうです。

「すごい!すごい!本当に現実になっちゃった!」

と、私の携帯電話にテンションの高い声でかけてきました。

私も本気で念じたものの、まさか本当に過去が変わるとは思っておらず恐ろしくなりました。

さいごに

今回の件は思考が現実化して財布がでてきたのか、本当はトイレに忘れていたのか真実はわかりません。

私は過去や未来を何となく視ることができるのですが、実を言うと妻の過去を視に行ったときに、どうも財布は燃えておらず脱衣所のカゴにあるようなビジョンが視えておりました。

ですから瞑想の中で財布は脱衣所に忘れてきたと、毎朝念じることができたのだと思います。

実際に見つかったのはトイレの中でしたが。

結果的にモヤモヤが残ってしまいましたので、今後、今回の件を含め検証していきたいと思います。

あなたは過去が変えられると思いますか?

最新情報をチェックしよう!